植物性乳酸菌まるわかりナビ

植物性乳酸菌を効率よく取って便秘・
肌荒れ・下半身太りを解消!

含有量で選んだ植物性乳酸菌サプリ3選
花菜の選べる乳酸菌
画像引用元:花菜公式HP
(http://www.hanna-saku.jp/teiki/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
5,000億以上
腸が慣れないよう、違う種類の乳酸菌を交互に飲み続ける、業界初の摂取法!
ラクトフェリン(LION)
画像引用元:LIONオンラインショップ(http://www.lionshop.jp/wellness/labre/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
180億個以上
ラクトフェリンとラブレ菌、Wの効果。特殊コーディングで腸まで届ける。
植物性乳酸菌ラブレカプセル(カゴメ)
画像引用元:カゴメ健康直送便
(http://shop.kagome.co.jp/lp/labre_caps/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
100億個以上
生命力が強いため腸内での残存率が高い「ラブレ菌(KB290株)」を配合。
HOME » 植物性乳酸菌の基礎知識 » 植物性乳酸菌の種類

植物性乳酸菌の種類

ひとくちに「植物性乳酸菌」といっても、その種類はさまざま。動物性乳酸菌の10倍の種類があると言われています。

植物性乳酸菌の種類をチェック

植物性乳酸菌の主な種類を挙げてみました。

ラブレ菌

ラブレ菌は、京都で古くから親しまれている「すぐき漬け(漬物)」から見つかった乳酸菌です。腸内残存率が高いことで知られており、腸内の環境を整えて免疫力をアップさせる効果があります。

また、ナチュラル・キラー細胞の活性化作用もあり、ガンの予防なども期待ができます。

フェカリス菌

乳酸菌は生菌として(生きたままで)ヨーグルトなどに添加されることが多いですが、フェカリス菌は死菌(加熱殺菌処理)として添加される乳酸菌です。その効果としては、ほかの乳酸菌と同じように腸内の環境を整えるほか、免疫力を上げる効果がほかの乳酸菌より強いことでも知られています。

また、コレステロール値を下げたり、高血圧の予防やアレルギー症状を和らげる効果、さらには美肌効果なども挙げられます。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、人間はもちろんすべての動物の腸の中にいる腸内細菌です。体に良いと言われている善玉菌の一種であり、体内の善玉菌の99.9%を占める菌です。

乳酸菌の仲間ではありますが、実は他のものとは異なる性質を持っています。嫌気性菌という酸素分子が多い環境では活動できない細菌の仲間でもあります。腸内においては酸素があまりない大腸に棲みつき、消化しきれなかった食物繊維やオリゴ糖を分解することで増殖します。

正常な腸内には4~5%程のビフィズス菌が棲みついており、酢酸・乳酸を生成して、腸内が酸性になるよう調整しています。期待できる効果としては、腸内の環境を整えて下痢や便秘を予防・改善させることや、免疫細胞の活性化により免疫力を向上させることなどが挙げられます。

有胞子性乳酸菌ラクリス菌

有胞子性乳酸菌というのは、熱や乾燥に強く、胃酸や胆汁で分解されないまま腸に到達しやすい丈夫な乳酸菌です。ほかの乳酸菌と違って殻のようなものに覆われています。ラクリス菌は、このタフな有胞子性乳酸菌の一種です。

有胞子性乳酸菌ラクリス菌は、その丈夫な性質により腸まで到達し、腸内で発芽することによって賑々しく活動できます。腸内で発芽したラクリス菌は増殖をくり返し、腸内の環境を整えてくれます。コレステロールの低減や血圧の低下、アレルギーの緩和などの効果も期待できます。

ほかの乳酸菌は腸の中に定着することはあまりありませんが、腸の中に1週間ぐらい留まって働き続けてくれる優秀な乳酸菌です。

ケフィア菌

「ケフィア」と呼ばれる、発酵乳を作る際に使用される乳酸菌や特殊酵母が一体となった菌です。期待できる効果としては、ガンの抑制やコレステロールの低減、美肌効果、免疫力の向上などが挙げられます。

ちなみにケフィア菌の中にも、ケフィアグレインという正当な種菌や、工業的に精製された菌など種類があり、乳酸菌の種類や数も異なります。

その他の乳酸菌

植物性乳酸菌には、このページで紹介したもの以外にもまだ種類がありますが、どの乳酸菌も“腸まで到達して腸内環境を整えてくれる”という共通した性質を持っています。

ただ、免疫力アップなどの効果については、種類により差があるようです。

▲ページ先頭へ

植物性乳酸菌の基礎知識

含有量で比較!植物性乳酸菌サプリメント一覧

腸内環境を改善するためのヒント