植物性乳酸菌まるわかりナビ

植物性乳酸菌を効率よく取って便秘・
肌荒れ・下半身太りを解消!

含有量で選んだ植物性乳酸菌サプリ3選
花菜の選べる乳酸菌
画像引用元:花菜公式HP
(http://www.hanna-saku.jp/teiki/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
5,000億以上
腸が慣れないよう、違う種類の乳酸菌を交互に飲み続ける、業界初の摂取法!
ラクトフェリン(LION)
画像引用元:LIONオンラインショップ(http://www.lionshop.jp/wellness/labre/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
180億個以上
ラクトフェリンとラブレ菌、Wの効果。特殊コーディングで腸まで届ける。
植物性乳酸菌ラブレカプセル(カゴメ)
画像引用元:カゴメ健康直送便
(http://shop.kagome.co.jp/lp/labre_caps/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
100億個以上
生命力が強いため腸内での残存率が高い「ラブレ菌(KB290株)」を配合。
HOME » 植物性乳酸菌の基礎知識 » 動物性乳酸菌との違い

動物性乳酸菌との違い

乳酸菌は「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の大きく2つの種類に分けられます。ここでは、この2つの違いをくわしく説明しています。

動物性と植物性の違いって?

乳酸菌と聞くと、チーズやヨーグルトを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?これらの食品は動物から出るお乳が主な原料となっているため、これらに含まれている乳酸菌は「動物性乳酸菌」です。動物から出るお乳に含まれる乳糖が元になっています。

一方、植物性乳酸菌は、みそやしょうゆ、漬物などに多く含まれています。米や野菜に含まれている果糖やブドウ糖、麦芽糖、ショ糖などが元となっている乳酸菌で、たとえばキャベツの場合、塩に漬けこむことによって乳酸菌が発酵されます。

植物性乳酸菌は酸度や塩分の高い過酷な環境で作られるため、胃酸の中でもちゃんと生き残ることができるのです。

植物性と動物性で相乗効果◎

どうして植物性乳酸菌が胃酸で分解されずに腸まで届くのかというと、他の細菌と一緒に生存できる(共存できる)からです。これに対し動物性乳酸菌は、他の細菌とは共存しません。このことから体力の弱い乳酸菌と言うことができ、よってその多くが腸まで届かないのです。

では動物性は摂っても意味がないのかというと、もちろんそんなことはありません。植物性の作用を活性化してくれたり、善玉菌の死骸を排出してくれたり、しっかりとした働きがあります。

ですので、植物性・動物性の両方を上手に摂取して相乗効果を狙うのが一番おすすめです。

日本人に向いているのは植物性乳酸菌!

さて、ここまで動物性、植物性の両方について紹介してきましたが、私たち日本人の体にはどちらの乳酸菌が合っているのでしょうか?

それは、やはり植物性乳酸菌と言えます。なぜかというと、植物性乳酸菌は日本人が昔から口にしてきたものであるため、体質的に合っていると考えられるからです。

植物性乳酸菌は、漬物やみそ、しょうゆなどに多く含まれており、日本酒にも使用されています。動物性乳酸菌の多く含まれる食品が日本で出回るようになるずっと前から、日本の食生活において馴染みの深い乳酸菌だったのです。

また、欧米人に比べて日本人の腸は長くできています。そのため、乳酸菌が腸にまで到達する可能性が欧米人よりも少ないのです。

そう考えると、私たち日本人の体には、腸まで届きやすい植物性乳酸菌の方が合っていると言えるでしょう。

▲ページ先頭へ

植物性乳酸菌の基礎知識

含有量で比較!植物性乳酸菌サプリメント一覧

腸内環境を改善するためのヒント