植物性乳酸菌まるわかりナビ

植物性乳酸菌を効率よく取って便秘・
肌荒れ・下半身太りを解消!

含有量で選んだ植物性乳酸菌サプリ3選
花菜の選べる乳酸菌
画像引用元:花菜公式HP
(http://www.hanna-saku.jp/teiki/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
5,000億以上
腸が慣れないよう、違う種類の乳酸菌を交互に飲み続ける、業界初の摂取法!
ラクトフェリン(LION)
画像引用元:LIONオンラインショップ(http://www.lionshop.jp/wellness/labre/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
180億個以上
ラクトフェリンとラブレ菌、Wの効果。特殊コーディングで腸まで届ける。
植物性乳酸菌ラブレカプセル(カゴメ)
画像引用元:カゴメ健康直送便
(http://shop.kagome.co.jp/lp/labre_caps/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
100億個以上
生命力が強いため腸内での残存率が高い「ラブレ菌(KB290株)」を配合。
HOME » 植物性乳酸菌の基礎知識 » 効果的な取り入れ方

効果的な取り入れ方

ここでは、植物性乳酸菌の効果的な摂り方について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

毎日積極的に植物性乳酸菌を摂ろう!

みそやしょうゆ、漬物など、私たち日本人になじみの深い食品から摂取できる植物性乳酸菌。普段の食事から取り入れやすいと思いがちですが、食生活が欧米寄りになってきている現代においては、そうとも言えません。和食中心の食生活を送っている人だとしても、みそやしょうゆ、漬物は塩分が多い食品のため、摂り過ぎることはおすすめできません。そうなると、植物性乳酸菌を日々の食事から積極的に摂ろうと思っても、意外に難しいのです。

健康・美容に対するさまざまな効果が期待できる植物性乳酸菌ですが、ひとつデメリットを挙げるとしたら、この“摂りにくい”という点かもしれません。

サプリメントで効率的に摂取

植物性乳酸菌を食事から摂り入れるのには限界があるということが分かりました。そこでぜひおすすめしたいのが、植物性乳酸菌入りのサプリメントやドリンクです。

現在、スーパーやコンビニなどに行けば多種多様な乳酸菌飲料が置いてあります。とくに“腸までしっかり届けられる”という性質を持つ植物性乳酸菌は注目されており、配合したサプリメントやドリンクも数多く登場しています。

塩分を摂り過ぎない程度に日々の食事から植物性乳酸菌を取り入れつつ、サプリメントやドリンクによって効率的・日常的にしっかり摂取する。これが、もっとも効果的な植物性乳酸菌の摂り方と言えるのではないでしょうか?

腸内環境を整えるということは、健康にはもちろんアンチエイジングにも大きく関わります。健康・若さを保ちたい人は、ぜひ植物性乳酸菌入りのサプリメントやドリンクを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

オリゴ糖・食物繊維を一緒に摂ると効果的!

植物性乳酸菌を摂取する際、オリゴ糖や食物繊維を一緒に摂ると、さらに効果がアップすると言われています。

オリゴ糖は、腸の中の乳酸菌のエサとなります。そのため、一緒に摂ることによって、乳酸菌をより一層増やすことができるのです。

食物繊維はみなさんご存知のように便秘の改善に欠かせない成分です。一緒に摂取すればより便秘改善が進むと考えられます。

また、動物性乳酸菌を配合した食品(ヨーグルトやチーズなど)を一緒に摂ることも、相乗効果につながります。それぞれが違った働きをすることにより、腸内環境がますます良化されるのです。

ちなみに、便秘がちの人やおならの匂いが気になる人は、肉よりも野菜を意識して食べるようにすると、腸内環境がより良好になります。

▲ページ先頭へ

植物性乳酸菌の基礎知識

含有量で比較!植物性乳酸菌サプリメント一覧

腸内環境を改善するためのヒント