植物性乳酸菌まるわかりナビ

植物性乳酸菌を効率よく取って便秘・
肌荒れ・下半身太りを解消!

含有量で選んだ植物性乳酸菌サプリ3選
花菜の選べる乳酸菌
画像引用元:花菜公式HP
(http://www.hanna-saku.jp/teiki/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
5,000億以上
腸が慣れないよう、違う種類の乳酸菌を交互に飲み続ける、業界初の摂取法!
ラクトフェリン(LION)
画像引用元:LIONオンラインショップ(http://www.lionshop.jp/wellness/labre/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
180億個以上
ラクトフェリンとラブレ菌、Wの効果。特殊コーディングで腸まで届ける。
植物性乳酸菌ラブレカプセル(カゴメ)
画像引用元:カゴメ健康直送便
(http://shop.kagome.co.jp/lp/labre_caps/)
おすすめPOINT
1日あたりの乳酸菌
100億個以上
生命力が強いため腸内での残存率が高い「ラブレ菌(KB290株)」を配合。
HOME » 腸内環境を改善するためのヒント » 腸内環境が悪化するとどうなる?

腸内環境が悪化するとどうなる?

腸内の環境が悪くなると便秘気味になり、便秘がひどくなると腸内の環境はさらに悪くなります。ここでは腸内環境の悪化が私たちの体に与える影響についてまとめてみたので、ぜひチェックしてみてください。

腸内環境の悪化と便秘の関係

私たちの体の中にはもともと100種以上の腸内細菌が棲んでおり、その数はなんと100兆個を超えると言われています。そんな膨大な数の腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があり、それらが共生して「腸内フローラ」を形成しています。

健康な腸には善玉菌が多く棲んでいるのですが、腸内環境が悪くなると悪玉菌が増殖し、腸の働きを鈍くしてしまいます。それが便秘を引き起こすのです。便秘がひどくなるとますます悪玉菌は増殖し、便秘のみならずさまざまな症状の原因になります。たかが便秘とあなどっていると、思わぬ症状に悩まされることになるかもしれません。

便秘による人体への悪影響とは?

それでは、便秘の悪化によって引き起こされる症状には、どのようなものがあるのでしょうか?以下にリストアップしてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

  • お腹のハリ
  • 代謝の低下(太りやすくなる)
  • 食欲の低下(ひどい場合は吐き気も伴う)
  • 肩コリ、頭痛、腰痛
  • ニキビや吹出物
  • 自律神経の乱れ
  • 血行の悪化
  • だるさ、疲れが抜けない
  • イライラ

心当たりのある症状があれば、それはもしかしたら便秘が深く関係しているかもしれません。日常生活に支障をきたすような症状も多くあります。これらがさらに悪化して深刻な病気につながることも。便秘は決して放置してよい症状ではありません。

腸内環境の悪化は大病にもつながる!?

便秘が慢性的になると、大腸ガンにつながることもあります。腸の中で悪玉菌が増加することで、発ガン性物質が作られやすくなってしまうとのこと。日本人の死亡原因の中で最も多いのはガンであり、その中でも大腸ガンは臓器別の死亡者数で上位に入ります。女性にいたってはなんと1位です。便秘があなどれないものであることは明確です。

腸内環境の悪化は、免疫力の低下やアレルギーの増加などを引き起こすこともあります。きちんと排出できなかった有害物質が、リンパや血液に送り込まれれば、内臓の環境も悪くなり、さらに腸内環境の悪化は血液のドロドロ化にもつながります。血液がドロドロになればエイジングも進みますし、血の巡りが悪くなることで消化・吸収機能が妨げられ、ともすれば太りやすくなったりと、体内環境すべてに影響が出てきます。

また動脈硬化や高脂血症、糖尿病といった大きな病気のリスクも高まるでしょう。腸内の環境が悪くなることは、便秘だけでなくさまざまな危険を孕んでいるのです。

▲ページ先頭へ

植物性乳酸菌の基礎知識

含有量で比較!植物性乳酸菌サプリメント一覧

腸内環境を改善するためのヒント